チラシ・注文用紙・パンフレットのPDFをホームページに載せて簡単に配布しよう。 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

HOME > インフォメーション > 記事作成講座 > チラシ・注文用紙・パンフレットのPDFをホームページに載せて簡単に配布しよ...

記事作成講座

チラシ・注文用紙・パンフレットのPDFをホームページに載せて簡単に配布しよう。

PDFファイルのリンクの張り方やアップロードの方法をご説明します。



何かと便利なPDFファイルは様々な職場で広く使われています。
そんなPDFファイルを、ホームページで効果的に使う方法をお伝えします。


ホームページに載せると便利なPDFファイル


書式用の注文用紙や登録用紙

FAXで注文や登録書類を承る場合、その用紙もお客様に用意してもらうことになります。
あらかじめ用紙がホームページにあれば、問い合わせまでの導線が非常にスムーズです。

パンフレットやカタログ、操作説明書

商品紹介のパンフレットやカタログは、多くの人に見てもらう為にホームページに載せておきましょう。
欲しい方がいつでもダウンロードできる状況にしておくのはサイトの利用しやすさに繋がります。

定期的に発行しているお知らせや配布物

お客様向けのお知らせや刊行物をPDFファイルで作成される方も多いのではないでしょうか。
ホームページに反映させることでより多くの方の目に留まります。

PDFファイルへのリンク方法を実践形式でお伝えします


それではPDFファイルへリンクを張る手順を紹介していきます。
事前にPDFファイルを用意して、こちらの手順と一緒に操作を学んでみてください。

手順1

エディターの本文欄で、Insert fileアイコンInsert fileのアイコンをクリック。



手順2

ファイルマネージャーのアップロードをクリックし、そこへ用意したPDFファイルをドラッグ&ドロップ。アップロードが完了します。

2-1

手順3

ダウンロード用のテキストや画像を用意したら、そこを選択した状態でリンクの挿入・編集アイコンをクリック。



手順4

リンク先URLの右にあるアイコンをクリックするとファイルマネージャーが開かれるので、先ほどアップロードしたPDFファイルを指定します。



手順5

リンクの「ターゲット属性」を「新規ウインドウ」にすれば完了です。これは、開いているタブとは別のタブでPDFを開くようにする設定で、閲覧ページとPDFファイルのページが別になることにより、PDFファイルを閉じてもサイトを引き続き閲覧出来ます。






この時注意しておきたいことは

  1. PDFファイルの容量は2Mまでということ
  2. リンク切れになる可能性があるので、ファイル名は半角英数文字にすること

という2点です。この2つはしっかり守ってください。


上記の説明で張られたPDFファイルのリンクがこの下にあるものです。

MP News Letter 4月号


クリックすればダウンロードができますよ。



無料操作セミナー
管理画面の操作で分からないことがあったら
操作説明会にご参加ください

4月の操作説明会は21日・28日、5月の操作説明会は12日・19日・26日に開催します! どうぞお気軽にご参加ください。

無料操作セミナーに申し込む > お問い合わせフォーム >


  • POSTED at 2016年04月19日 (火)

まずは30日間無料お試し